信玄 花川本店|北海道石狩市|信州(コク味噌)ラーメン

スポンサーリンク

石狩市にあるらーめん信玄 花川本店

北海道石狩市にあるらーめん信玄 花川本店に行ってまいりました。札幌市内にも店舗があるお店です。

01外観

店内

店内に入るとすぐに待合スペース。混雑時はこちらで待つことになります。

02待合スペース

その待合スペースに右手と奥には小上がり。

03小上がり

そしてその奥に大きめのテーブル席があります。

04テーブル席

一番奥の窓際にはカウンター席。右手の壁伝いにもカウンター席が並びます。

05カウンター席

卓上にはコショウやゴマなどの調味料が用意されていました。

06調味料

メニュー

メニューは越後(辛味噌)、信州(コク味噌)、土佐(あっさり塩)、播磨(こってり塩)、尾張(あっさり醤油)、水戸(こってり醤油)、蝦夷(こがし背脂醤油)と多彩。それぞれお子様らーめん、ちゃーしゅーめん、角煮めん、角煮ちゃーしゅーめんとバリエーションがあります。そして麺、野菜、メンマの大盛も可能。信玄セット(土佐+餃子+ライス)と謙信セット(ハーフらーめん+ミニちゃーしゅー丼)とセットもあります。ご飯物はライス、ミニちゃーしゅー丼、チャーハン。メニュー名は戦国時代の日本の地名。信玄の由来は間違いなく武田信玄ですね。

07メニュー

また餃子やジュース、ビールもあり、味付け玉子、バター、のりが追加でトッピング可能。メニュー表の背景は風林火山でかっこいいです。今回は信州コク味噌(760円)を注文。

08メニュー

信州(コク味噌)

こちらが信玄 花川本店の信州(コク味噌)。トッピングはチャーシューにメンマ、もやし、玉ねぎ、ネギとなってます。

09信州 コク味噌

柔らかくてすっきり系な口当たりのスープ。そこから豊潤な味噌の風味がグワーっと広がってまいります。まろやかでどこかクリーミーさも感じられる。ショウガのような風味もきいていて、ほんのちょっぴり刺激的。そのためか後にはまろやかさを残しつつもスッキリとしたスープでした。

10スープ

麺はやや太めのちぢれ。茹で上がりは普通からやや硬めでしょうか。弾力があって力強いです。ススっていて麺の形状が伝わってくるようでした。

11リフトアップ

チャーシューはあっさりめの味付け。厚みがあるのに柔らかい仕上がりです。あっという間に口の中から消えてしまうようでした。

12チャーシュー

行列必至の有名店であるらーめん信玄 花川本店。この日は平日でしたがお昼時ということもあり、やっぱり行列ができていました。札幌はすすきのの近くにもお店はありますが、一度は本店でラーメンをススることができてよかったです。

スポンサーリンク

  • 店名
    らーめん信玄 花川本店
  • 住所
    北海道石狩市花川南一条1-5 ライフブラッド花川
  • 北海道石狩市花川南一条1-5 ライフブラッド花川
  • 電話番号
    0133-72-2022
  • 営業時間
    11:00~21:30
  • 休業日
    無休
  • 駐車場

同じタイプのラーメン

スポンサーリンク

同じエリアのラーメン

comming soon

Facebookもチェック

  • 岩下 雄一郎
  • 座右の銘:
    ススれば分かる ススらねば分からぬ どんな麺も

  • ホトトギス:
    鳴かぬなら ラーメンやろう ホトトギス

  • 野望:
    ラーメン食べて 飯を食べる