さざ波|北海道礼文町|岩のりラーメン

スポンサーリンク

香深港の近くにあるさざ波

北海道礼文郡礼文町にあるさざ波に行ってまいりました。日本最北の有人島、礼文島にあるお店です。フェリーが到着する香深港からも歩いて行けました。

01外観

店内

店内は入ると正面にテーブル席。

02テーブル席

左手には小上がりがあります。

03小上がり

04小上がり

テーブル席の奥には厨房と向かいってカウンター席がありました。

05カウンター席

卓上にはコショウや唐辛子、醤油といった調味料が用意してあります。

06調味料

麺メニューはラーメンをはじめ味噌ラーメン、味噌バターラーメン、野菜ラーメン、味噌キムチラーメン、いわのりラーメン、チャーシューメンといった麺々。かけ、月見、肉、とろろ昆布、岩のりのそばとうどんに鍋焼きうどんもあります。今回は岩のりラーメン(1,200円)を注文。
ラーメン+ライスやラーメン+おにぎり、ラーメン+カレー、ラーメン+玉子丼、ラーメン+豚丼といったセットもあります。ご飯物はライス、おにぎり、玉子丼、親子丼、豚丼、かつ丼。目玉焼き定食、野菜炒め定食、いか刺し定食、ほたて刺し定食、たこ刺し定食、唐揚げ定食、しょうが焼定食、ほっけ開き定食、カツ定食と礼文らしいメニューをまじえつつ定食も充実。カレーはポーク、ほたて、たこ、カツとバリエーションがあります。

07メニュー

岩のりラーメン

こちらがさざ波の岩のりラーメン。トッピングはチャーシューにメンマ、なると、ネギ、そして器いっぱいの岩のりとなってます。

08岩のりラーメン

口当たりそのものはさっぱりとしているスープ。それでいて旨みが凝縮されており、コクすら感じられます。そしてそこに岩のりからの磯の香りが吹き抜ける。鶏ガラに野菜、そして地元で獲れた良質な昆布をふんだんに使われているそうで、それも納得の味わいです。ほのかにまろやかさもあり、後には旨みの余韻を存分に楽しめました。

食べている時は塩気もきいているように感じましたが、たくさんスープを飲んでも喉が乾かない。だしが出まくっていて、塩気が引き立っていたようですね。体にも優しいスープです。

09スープ

麺は中太のちぢれ。茹で上がりは普通からやや硬めでしょうか。しっかりとした弾力があって力強いです。ツルツルで歯切れもいい。徐々にスープに馴染んできて、礒の旨みを存分に運んできてくれました。

10リフトアップ

岩のりの食感はコリコリ。これがのりなのかと驚かされるくらいです。そしてなにより風味が濃い。こちらでは1月~3月に獲れた旬の岩のりを急速冷凍して生の状態で提供されているそうです。この風味・食感は生でしか味わえないそうで、他ではなかなかお目にかかれない。貴重な体験でした。

11岩のり

チャーシューはあっさりめの味付け。しっかりとした歯ごたえがあります。素材そのものの風味も味わえました。

12チャーシュー

とても感じのいいさざ波のおかみさん。お忙しい中にこやかに色々とお話していいただきました。お陰さまで楽しく食事をすることができました。

スポンサーリンク

  • 住所
    北海道礼文郡礼文町大字香深村字トンナイ入舟
  • 北海道礼文郡礼文町大字香深村字トンナイ入舟
  • 電話番号
    0163-86-1420
  • 営業時間
    (5~9月)8:00~19:00(10~4月)10:00~17:00

同じタイプのラーメン

スポンサーリンク

同じエリアのラーメン

comming soon

Facebookもチェック

  • 岩下 雄一郎
  • 座右の銘:
    ススれば分かる ススらねば分からぬ どんな麺も

  • ホトトギス:
    鳴かぬなら ラーメンやろう ホトトギス

  • 野望:
    ラーメン食べて 飯を食べる