175°DENO本店|北海道札幌市|担々麺汁なし

スポンサーリンク

北海道札幌市中央区にある175°DENO 本店に行ってまいりました。店舗こちらのビルの1階になります。

175°DENO 看板1

ビルの入口にも看板が出てました。

175°DENO 看板2

ビルに入るとすぐに営業時間などの案内が出てます。175°DENO本店は平日が11:30〜15:00、17:30〜21:00、土・祝は11:30〜16:00までの営業。定休日は日曜日となってます。

175°DENO 看板3

メニューは担々麺汁なしと汁ありがメイン。それぞれ痺れない、痺れる、すごく痺れるの3段階からチョイスすることができます。さらに辛さ増しや痺れ増しも可能。麺の大盛りはプラス150円です。ご飯は玄米入りユメピカリ。そしてなんとTシャツも購入できるようです。今回は汁なし担々麺の痺れる(800円)を注文。

175°DENO 券売機

店内はオシャレな雰囲気。お店に入ってすぐにカウンター席が並んでいます。左手奥にはテーブル席が2つ。

175°DENO 内観2

カウンター席の奥には調味料などがきれいに並べてありました。

175°DENO 内観1

卓上にはラー油が用意してあります。

175°DENO 調味料

こちらが175°DENO 本店の汁なし担々麺。トッピングはひき肉に水菜、エビ、ナッツなど。こちらをしっかりと混ぜてからいただきます。

175°DENO 担々麺

とにかく風味が豊かで濃厚。香辛料やスープの旨みが調和されてるのでしょう。コクもあって、まろやかな味わいとなってます。ひき肉はしっかりと味付けがしてあり、ナッツの食感がいいアクセントになってます。エビからは旨みが染み出てきました。

175°DENO 担々麺撹拌後

麺は太めで平べったい形状。ややウェーブがかってますかね。麺をリフトアップ(持ち上げる)すると、他の麺も一緒に絡みついてくるほどの弾力を誇ります。モッチモチでペロンとした、気持ちのよい食感の麺でした。

175°DENO リフトアップ1

ビリビリと刺激的でありながらも、心地の良い痺れ感。お水を飲むと自分の舌の痺れ具合がよく分かります。個人的に食べ進めるのには全く影響はありませんでした。辛さはさほどでもなく、食べやすかったです。

175°DENO リフトアップ2

辛い食べ物は日ごろ口にできると思いますが、痺れる食べ物はそうそう味わえないのではないでしょうか。私も今回の痺れる感覚は初めてでした。個人的にはすごく痺れるはどうなってしまうのか、とても気になっています。機会があれば体験してみたいですね。

スポンサーリンク

他の日の訪問

175°DENO|北海道札幌市|担々麺汁有り

  • 店名
    175°DENO 〜担担麺〜 本店
  • 住所
    北海道札幌市中央区南1条西6-20 KYビル 1F
  • 北海道札幌市中央区南1条西6-20 KYビル 1F
  • 電話番号
    011-777-1177
  • 営業時間
    [平日]11:30〜15:00 17:30〜21:00[土・祝]11:30〜16:00
  • 休業日
    日曜日
  • 駐車場
    無(側にコインパーキングあり)

同じタイプのラーメン

スポンサーリンク

同じエリアのラーメン

Facebookもチェック

  • 岩下 雄一郎
  • 座右の銘:
    ススれば分かる ススらねば分からぬ どんな麺も

  • ホトトギス:
    鳴かぬなら ラーメンやろう ホトトギス

  • 野望:
    ラーメン食べて 飯を食べる