八幡屋|山形県山形市|ぬるめ中華そば

スポンサーリンク

山形ラーメン四天王・東の雄 八幡屋

山形県山形市にある八幡屋に行ってまいりました。近くに八幡神社という神社があるのが店名の由来ではないかと勝手に思っています。

八幡屋 外観1

前に駐めてある車には八幡屋のシールが貼ってありました。

八幡屋 車

レトロな雰囲気の店内

店内に入るとテーブル席が3つほど並んでいます。

八幡屋 テーブル席

店内にはおもちゃなどが飾ってあり賑やかな雰囲気。

八幡屋 内観1

カラフルなおもちゃを見ていると楽しい気分になってきますね。

八幡屋 内観2

今をときめく人気力士・遠藤関のサインもありました。

八幡屋 内観3

こちらの壁にはポスター。

八幡屋 内観4

卓上にはコショウが用意してあります。

八幡屋 調味料

メニュー

メニューはぬるめ中華そば、中華そば、中華そば大盛、冷中華そばとシンプル。今回はぬるめ中華そば(550円)を注文しました。

八幡屋 メニュー

ぬるめ中華そば

こちらが八幡屋のぬるめ中華そば。トッピングはチャーシューにメンマ、かまぼこ、海苔、ネギとなってます。

八幡屋 ぬるめ中華そば

柔らかいながら塩気もほどよくきいているスープ。かすかにコショウもきいてるように思います。そこから醤油ダレや旨みがじんわりと広がってくる。全体的にはあっさり仕立てにもかかわらず、ほんのり甘くコクのような味わいもあります。麺が熱を奪うようで、とても食べやすい温かさでした。

八幡屋 スープ

麺は中太のちぢれ。茹で上がりは普通くらいでしょうか。一度冷水で締めてあるみたいで、ほどよい弾力があります。一度冷たくなってからスープの温度で温まっているようではじめての感覚。ツルツルでススりやすい麺でした。

八幡屋 リフトアップ

チャーシューはあっさりめの味付け。ほんの少し歯ごたえがあります。それでいでほぐれる系の柔らかさを備えていて食べやすい。クセはなく、素材の風味も楽しめました。

八幡屋 チャーシュー

八幡屋は山形ラーメン四天王にも数えらている歴史あるお店。東の雄ということです。

八幡屋 外観2

ぬるめのラーメンは今回初めていただきましたが、自分の中ではけっこうな衝撃で新感覚。これからぬるいラーメンが流行るかもという噂もあり、今後の展開が楽しみですね。

スポンサーリンク

  • 店名
    八幡屋
  • 住所
    山形県山形市平清水64-6
  • 山形県山形市平清水64-6
  • 電話番号
    023-623-8363
  • 営業時間
    11:30~18:00ごろ
  • 休業日
    火曜
  • 駐車場

同じタイプのラーメン

スポンサーリンク

同じエリアのラーメン

Facebookもチェック

  • 岩下 雄一郎
  • 座右の銘:
    ススれば分かる ススらねば分からぬ どんな麺も

  • ホトトギス:
    鳴かぬなら ラーメンやろう ホトトギス

  • 野望:
    ラーメン食べて 飯を食べる