もう何も言わせない。上野和久さん

今回のラーメンマンは人や場やモノを繋いで面白い事を形にする、面白クリエイター上野和久さんです!上野さんについて詳しくはこちら
上野さんお気に入りの一杯から熊本県熊本市のラーメン金太郎をご紹介いただきました。ここ金太郎は2年ほど前に知ってから、週に1度はつけ麺を食べに来られている常連さんです。

金太郎_上野さん

~ 上野さんお好みラーメンデータ ~
★スープ
魚介系
★濃さ
コンディションによる。ガッツリ食べたい時は豚骨、小腹がすいたときはアッサリなど。
★麺の太さ
麺の太さには特にこだわりなし。
★麺の硬さ
硬め
★具
すばりチャーシュー!
★食麺ペース
週1~2回。
ここ最近は金太郎のつけ麺をほぼ食される。つけ麺マンと言っても過言ではないでしょう。
★お気に入りの一杯
「一蘭」
「にぼらや」
「文龍」
「九品寺 麺処 てしお」
つけ麺だけではないところは流石です。
★上野さんにとってラーメンとは
【小さな麻薬】
体に良くないだろうなと思いつつも食べてしまう。
このラーメンマンの誰しもにある心理を的確に射抜いた名言です!!
上野さんは食べたら腹が痛くなる一杯もあるそうですが、それでもやめられないそうです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一応、体のことを考えて注文されるのはいつも「野菜盛りつけ麺小盛り」。最初は熱盛りか冷盛りかを聞かれていたそうですが、今ではどの店員さんも把握されてて聞かれなくなったそうです。写真を撮り忘れたので、下は私が食べた「つけ麺並盛り」です。

金太郎_つけ麺

麺はもちろんですが、とにかく濃厚スープがお好みでいらっしゃいます。つけ麺が出てきて、早速すする上野さん。

金太郎_つけ麺を食べる上野さん

そして麺を食べた後の楽しみが「ドボン」。このご飯に残ったスープをかけていただきます。ドボン用のご飯には刻みゆずが入っており、上野さん曰く6口に一回くらいの割合でゆずの風味が広がるのがたまらないとのこと。

金太郎_ドボン用ご飯

ここで驚きの展開が。通常とは逆で、スープにドボンとご飯を入れるのが上野流。以前はご飯にスープをかけるように店員さんから言われていましたが、今やお咎めなし。豪快にスープも全て掻き込んでおられました。

金太郎_ドボンをする上野さん

上野さん独自のストーリーとこだわりがあり、とても楽しい昼食となりました。他のお店でのストーリーもぜひ聞かせていただきたいです。お忙しい中、本当にありがとうございました!

金太郎_記念写真

ラーメン金太郎のつけ麺についてはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

SNSでも更新をチェック