佐藤屋|山形県山形市|冷し芋煮ラーメン

山形県山形市にある佐藤屋に行ってまいりました。JR山形駅から徒歩約10分ほどの場所にあります。

佐藤屋 外観

佐藤屋は明治36年創業。ものすごく歴史のあるお店です。

佐藤屋 掲示板

店内に入ると正面から左側にわたってテーブル席。

佐藤屋 テーブル席

右手にはお座敷があります。

佐藤屋 お座敷1

佐藤屋 お座敷2

どこか味のある雰囲気ですね。

佐藤屋 内観

大正時代から平成16年まで使用されていたという国内最古級の製麺機。これは貴重な遺産ではないでしょうか。

佐藤屋 製麺機

レジの手前のテーブルにお茶とお水のポットが置いてあるので、こちらでセルフサービス。

佐藤屋 お水とお茶

メニューは中華そばをはじめちゃーしゅーめん、つめたい鳥中華、冷しらーめん、芋煮らーめん、芋子煮そばセット、霞城セット、冷し芋煮らーめん、冷し芋煮そば、釜ざるそば、たぬきそばなどなど。らーめんだけでなくそばも充実しています。今回はこちらでしか食べれないという名物料理、冷し芋煮らーめん(950円)を注文。

佐藤屋 メニュー

卓上にはコショウや黒コショウ、唐辛子といった調味料が用意されています。

佐藤屋 調味料

こちらが佐藤屋の冷し芋煮らーめん。トッピングは芋煮(芋、牛肉)にメンマ、かまぼこ、たけのこ、きゅうり、(たぶん)ふきとなってます。

佐藤屋 冷やし芋煮ラーメン

氷もスープに浮いていました。

佐藤屋 氷

さっぱりとした口当たりのスープ。醤油ダレの風味がスーっと抜けていきます。ほのかに酸味もあって後味もすっきり。芋煮の牛肉からと思われる旨みもしみ出ているようでした。

佐藤屋 スープ

麺は中太のちぢれ。茹で上がりはやや硬めでしょうか。ツルッツルのスベスベで、ススっていて楽しい麺です。キュッと引き締まっていてコシがある。舌触りと喉越しのよい麺でした。

佐藤屋 リフトアップ

芋煮の芋はあっさりめの味付け。柔らかくて食べやすい。もちろん本来の芋煮の風味も味わえました。

佐藤屋 芋

芋煮の牛肉も柔らかい仕上り。こちらもさっぱりとした味付けです。スープの旨みアップにも貢献しているようでした。

佐藤屋 牛肉

店内は落ち着いた雰囲気で清掃も行き届いているように思います。年配のご夫婦が切り盛りされているようでした。いつまでも今のスタイルで営業していただきたいですね。

スポンサーリンク

  • 店名
    佐藤屋
  • 住所
    山形県山形市桜町5-6
  • 山形県山形市桜町5-6
  • 電話番号
    023-622-2321
  • 営業時間
    11:30~18:30
  • 休業日
    第2第4月曜日
  • 駐車場

同じタイプのラーメン

スポンサーリンク

同じエリアのラーメン

SNSでも更新をチェック