ひらこ屋|青森県青森市|煮干し中華そば

青森県青森市にある中華そばひらこ屋に行ってまいりました。青森西バイパス沿いにあるお店です。

ひらこ屋 外観

中華そばひらこ屋の営業は10:30~21:00まで。定休日は火曜日となってます。

ひらこ屋 営業時間

注文の流れとしては、まず店内で注文し、カウンターか小上がりか席の希望を伝えます。混雑時は車の中で待つことも可能。準備ができたら店員さんが呼びに来てもらえるそうです。

ひらこ屋 注文の流れ

小上がりやカウンターなど席の希望によって順番が前後する場合があるそうですが、ここはラーメンマンとしてジッと待ちましょう。

ひらこ屋 説明書き

待合室には煮干しの説明があります。この日はこくいちが平子煮干し、アジ煮干し、片口煮干し、イリコ。あっさりが平子煮干し、うるめ煮干し、平子焼干し、イリコ(すべて境港産)ということでした。一口に煮干しといってもこんなに種類があるんですね。知らなかった。

ひらこ屋 煮干し案内

店内に入ると右手に厨房と向かい合ってカウンター席。左手にお座敷があります。

ひらこ屋 カウンター席

レジの横に給水機があるので、お水はこちらでセルフサービス。

ひらこ屋 給水機

メニューはあっさり(煮干し中華そば)、こくいち(とんこつ煮干しそば)、せあぶら(背脂煮干し)、バラそば(煮干しバラ肉そば)となっています。完熟煮玉子、モモチャーシュー、バラチャーシューのトッピングが可能。ご飯はおかわり無料ということです。今回はあっさりに完熟煮玉子トッピング(650円)を注文。

ひらこ屋 メニュー1

メニューの裏には詳しい説明が書いてありました。煮干し中華そばは境港産の平子がメインで、長時間の水出しと追い煮干しの中華そばとのこと。手間暇かけてらっしゃいます。

ひらこ屋 メニュー2

厨房の上にはこだわりが掲示してありました。

ひらこ屋 こだわり

自家製のお新香はサービス。給水機の横に置いてあります。

ひらこ屋 お新香案内

せっかくなので待ってる間にいただきました。

ひらこ屋 お新香

卓上にはコショウや唐辛子などの調味料が用意してあります。

ひらこ屋 調味料2

甘酢のようなのもありました。

ひらこ屋 調味料1

こちらがひらこ屋のあっさり中華そば完熟煮玉子トッピング。トッピングはバラチャーシュー、モモチャーシュー、メンマ、ネギとなってます。

ひらこ屋 煮干し中華そば

ビターさにも似た味わいをまとった煮干しの風味が一気におしよせるスープ。ベースにはしっかりと醤油ダレがきいています。酸味もありすっきりといただける。何にも遮られることがなく、煮干しの旨みを楽しめました。

ひらこ屋 スープ

麺はやや太めのストレート。茹で上がりはやや柔らかめでしょうか。ススった瞬間は柔らかいと感じますが、実は弾力があります。存在感のある麺でした。

ひらこ屋 リフトアップ

チャーシューは双方ともあっさりめの味付けです。バラチャーシューはこれだけの厚みがありながらも柔らかくて食べやすい。

ひらこ屋 チャーシュー1

もう一方のモモチャーシューも柔らかいです。それぞれ全くクセのない仕上りでした。

ひらこ屋 チャーシュー2

完熟味付玉子はいい具合に色がついています。中まで火が通っていて、ほんのり甘めで醤油風の味付がしっかりと染みていました。

ひらこ屋 味玉

ひらこ屋では津軽煮干しラーメンの激にぼも販売されています。家でもこの煮干しが体感できるということですな。

ひらこ屋 カップラーメン

この日は平日の19時半すぎでしたがとても賑わっていて、私も少し待ってからの入店となりました。それからも次々とお客さんが来店。常に行列となっていました。

スポンサーリンク

  • 店名
    中華そば ひらこ屋
  • 住所
    青森県青森市新城山田588-16
  • 青森県青森市新城山田588-16
  • 電話番号
    017-787-0057
  • 営業時間
    10:30~21:00 ※スープなくなり次第終了
  • 休業日
    火曜(祭日は営業)
  • 駐車場
    有(20台)

同じタイプのラーメン

スポンサーリンク

同じエリアのラーメン

SNSでも更新をチェック