白龍|大分県佐伯市|NEO佐伯ラーメン

JR佐伯駅すぐそばのラーメン白龍

大分県佐伯市にあるラーメン白龍に行ってまいりまいした。JR佐伯駅の目の前にあるお店です。

01外観

店舗の横は駐車スペース。

02駐車場

前には営業中の案内が出ていました。

03営業中

ラーメン白龍の営業時間は11:40~14:00、18:30~22:00までとなってます。

04営業時間

縦長なレイアウトの店内

店内に入ると左手に厨房と向かい合ってカウンター席。その奥には小上がりがあります。

05カウンター席

カウンター席の背中向かいには雑誌が置いてありました。

06雑誌

卓上にはおろしニンニクや紅ショウガ、コショウといった調味料が用意してあります。

07調味料

メニュー

メニューはラーメン(ニンニクコショウ入り)をはじめ、黒(マー油入り)、赤(ピリ辛)、荒節(カツオ節)といったNEO佐伯シリーズがメイン。NEO佐伯ラーメンと同じバリエーションでとんこつラーメンがあり、他にはみそラーメンもあります。もやしやメンマ、味玉、チャーシュー、雲呑、ネギなどが追加でトッピングが可能。今回はNEO佐伯ラーメン(550円)を注文しました。

08メニュー

サイドメニューはギョーザにごはん、明太ご飯、肉めし。ラーメンセット(ラーメン+餃子5ヶ+ご飯)に明太ご飯セット(ラーメン+餃子5ヶ+明太ご飯)のセットもあります。

09メニュー

飲み物は瓶ビールに焼酎。またラーメン白龍の定休日は日曜日です。水曜日は「ばさろう麺」のみの営業とのこと。

10営業案内

「ばさろう」は佐伯の方言で「凄い」という意味だそうです。太麺・野菜・にんにく・豚脂・太肉など自分好みにカスタムできるラーメンのようですね。

11ばさろうの日

麺のカタさはかため・ふつう・やわめから選べます。今回は標準をお願いしました。

12麺のカタさ

NEO佐伯ラーメン

こちらがNEO佐伯ラーメン。トッピングはチャーシューにもやし、ネギ、ゴマ、そしてニンニクコショウとなってます。

13NEO佐伯ラーメン

少しトロみのあるスープ。こちらのお店のラーメンは全て豚骨スープということですが、醤油ダレがよくきいていて一般的にいわれる豚骨醤油のような印象を受けます。それでいて豚骨の旨みやまろやかさがでていて濃厚。そこにニンニクとコショウの風味がやってきてパンチのある味わいです。豚骨と醤油風味、そしてその他の風味が一体となったスープでした。

14スープ

麺はやや太めのストレート。お好みカタさで茹でていただけますが、しっかりとした弾力があって力強いです。麺自体の風味も豊かで存在感のある麺でした。

15リフトアップ

チャーシューはほんのりとした味付け。ちょっぴり歯ごたえがあります。肉本来の風味がよく出たチャーシューでした。

16チャーシュー

JR佐伯駅のすぐ近くということでアクセスも抜群の白龍。他の地域からの方でも行きやすいですね。この日は平日でしたが、お昼時お訪問だったこともあってかすごくにぎわってました。地元にも根付いたお店のようでした。

スポンサーリンク

  • 店名
    ラーメン白龍
  • 住所
    大分県佐伯市駅前1-4-15
  • 大分県佐伯市駅前1-4-15
  • 電話番号
    0972-22-8088
  • 営業時間
    11:40~14:00 18:30~22:00
  • 休業日
    日曜日
  • 駐車場
    お店の横に有

同じタイプのラーメン

スポンサーリンク

同じエリアのラーメン

SNSでも更新をチェック