大栄ラーメン本店|京都府京都市|しょうゆラーメン

京都府京都市南区にある大栄ラーメン 本店に行ってまいりました。

大栄ラーメン本店 外観1

店内は厨房を囲むようにカウンター席のみ。その厨房の壁にメニューが掲げてあります。

大栄ラーメン本店 メニュー1

カウンター席にもメニュー表が貼ってありました。メニューはしょうゆラーメン、みそラーメンがメイン。それぞれチャーシューメンがあり、大盛、チビッ子、ネギ多いめ、もやし多いめができます。サイドメニューにはヤキブタ、キムチ、メンマなど。今回はしょうゆラーメン(750円)を注文。

大栄ラーメン本店 メニュー2

大栄ラーメン本店ではお水はセルフサービス。給水器は入口付近にあります。

大栄ラーメン本店 給水器

卓上にはコショウやニンニクなどの調味料にニラがスタンバイ。

大栄ラーメン本店 調味料

こちらが大栄ラーメン本店のしょうゆラーメン。トッピングはチャーシューにネギ、もやしとなってます。ネギもたっぷりで嬉しいですね。

大栄ラーメン本店 しょうゆラーメン

スープは柔らかい味わいの醤油ベース。なんと大栄ラーメンでは豚骨と豚肉からダシをとられているとのこと。ということは豚骨醤油ラーメンになるわけですね。私はてっきり鶏ガラとばかり思っておりました。ラーメンのスープは繊細で、その日の温度や湿度、仕込みの具合などで微妙に味が変わる。そこで大栄ラーメンではタレなどの量で微調整して作ってらっしゃるそう。経験と技術が成せる技ですね。

豚骨といっても九州のそれとは違い清湯で、優しい豚の旨みがジンワリと広がってきます。あっさりした口当たりでいて、味わい深いラーメンですね。

大栄ラーメン本店 スープ

麺は中太からやや細めのストレート。茹で上がりは普通くらかなと思いましたが、いい具合に芯が残っている感じ。モチモチした食感が楽しめました。

実は大栄ラーメンでは一番いい食感を味わっていただくために、麺は時間ではなく指で感触を確かめながら茹でてらっしゃるそう。茹でる時間はその時の状況によって微妙に変わってくるわけです。お話をうかがって、納得の茹で上がりでした。

大栄ラーメン本店 リフトアップ

チャーシューは標準でもけっこうなボリューム。これは嬉しいですね。薄切りながらも歯ごたえがあり、しっかりと味が染みてました。

大栄ラーメン本店 チャーシュー

またネギだけでなく、もやしもたくさんトッピングされてます。シャキシャキとしてて、これもグッドでした。

大栄ラーメン本店 ネギともやし

ある程度食べたところでニラとニンニクを投入。優しい味わいから、少しパンチのきいた味わいへ。ニラはそこまで辛くないので食べやすいと思います。もとからこんな味だったんじゃないかと思うほど、スープになじんでました。

大栄ラーメン本店 ニラとニンニク投入後

お店の方も対応も気持ちがよく、気さくに話しかけてくださいました。こういったやり取りができるっていいですね。私が熊本人ということ、ラーメンが好きで旅行先でよく食べてることをお伝えすると、京都のラーメンのことなどを教えてくださいました。

大栄ラーメン本店 外観2

短い時間でしたがラーメン談義にも花が咲き、楽しかったです。京都の最後の夜に来ることができて良かった。またラーメンをススりながら色々とお話をさせていただきたいです。

スポンサーリンク

  • 店名
    大栄ラーメン 本店
  • 住所
    京都府京都市南区東九条西明田町20
  • 京都府京都市南区東九条西明田町20
  • 電話番号
    075-661-5406
  • 営業時間
    11:00~20:00
  • 休業日
    日曜日
  • 駐車場

同じタイプのラーメン

スポンサーリンク

同じエリアのラーメン

comming soon

SNSでも更新をチェック