樂笑(らくしょう)|熊本県熊本市|つけ麺

熊本県熊本市中央区の麺や 樂笑に行ってまいりました。2014年1月にオープンした新しいお店で、今回は初めての訪問となります。

麺や樂笑 外観

お店に入って右手にテーブル席が1つ。左手にカウンター席が5席ほどあります。

麺や樂笑 テーブル席

メニューは豚骨魚介つけ麺と、まだ熊本では珍しい鶏白湯ラーメンの二本柱。各トッピングにごはんもの、ドリンクメニューがあります。つけ麺がスタンダードということで、今回は豚骨魚介つけ麺並(730円)を注文。

麺や樂笑 メニュー

つけ麺とラーメンそれぞれにおすすめの食べ方の説明があります。ここまで丁寧に書いてあると分かりやすくてありがたいですね。

麺や樂笑 おすすめの食べ方

チャーシューごはんの案内が写真付きでありました。また、麺や 樂笑のFacebookページもあるようです。要チェックですね。

麺や樂笑 サブメニュー

学生さんはごはんの割引があります。私が学生だったら間違いなくごはんをお願いするでしょう。これは学生さんにとっては嬉しいですね。

麺や樂笑 ごはん学割

テーブルにはおすすめの食べ方にも説明があった、醤油甘酢やしょうがオイルなどの調味料があります。

麺や樂笑 テーブル

こちらが麺や樂笑つけ麺。つけ汁はアッツアツなので、お店の方が直にテーブルに置いてくださいます。ここははやる気持ちを抑え、受け取るのは我慢しましょう。つけ汁に覆われていて見えませんがチャーシュー、メンマがトッピングされています。

麺や樂笑 つけ麺

つけ汁は節の香りがフワッと広がる豚骨魚介。少しとろみがあるつけ汁ながらも、最初の口当たりは優しさを感じます。そして徐々に甘みがやってきて、最後まで色褪せない。あの豚骨魚介ならではの甘みを存分に楽しむことができました。濃厚なのにしつこさのない味わいに仕上がってます。

麺や樂笑 つけ汁

麺は太めのちぢれ。コシがあってとても力強い麺となってます。歯ごたえがあって喉ごしがよく、次々とお箸が伸びてしまいました。

麺や樂笑 リフトアップ

後から気がついたのですが、なんとチャーシューは豚と鶏、二種類のトッピング。写真ではちょっと分かりにくいですがが、手前が豚で奥が鶏です。豚はとても柔らかく仕上がっており、ものすごくつけ汁に馴染んでました。鶏はおそらくささみで、しっかりとした味付けとなってます。

麺や樂笑 チャーシュー

そして、おすすめの食べ方にもあった昆布甘酢をここで投入。豚骨魚介独特の甘みとは別に昆布甘酢の甘みも感じられるようになり、これがまた相性いいですね。投入する量にもよると思いますが、お酢が入ることによってさっぱり感が増しますので、甘ったるくなる心配はございません。これは私にとって新しい味わいでした。

麺や樂笑 昆布甘酢

麺が出てきたときにはけっこうボリュームがありそうだと感じましたが、意外とあっさり完食してしまいました。つけ麺だけなら大盛もいけそうです。

麺や樂笑 麺

つけ麺の後のお楽しみがスープ割り。こちらの容器に入った割りスープを注いでみました。

麺や樂笑 割りスープ

つけ汁が濃厚なだけあって、ちょっとやそっとでは味が薄くなることはないでしょう。ある程度は思い切って注いでいいかと思います(あくまで私の基準)。きっと色々な旨みが凝縮されていたんでしょうね。

麺や樂笑 スープ割り後

少しお腹にも余裕があったので、ごはんの小(50円)を追加でお願いしました。

麺や樂笑 ごはん 小

全てのごはんをつけ汁にドボン。つけ汁がごはんに染み込みでんぷんと融合するのか、いっそう甘みが引き立ってるように感じました。割りスープで割っているにもかかわらずです。おすすめなだけはありますね。甘めのスープが好きな私にとっては雑炊も食べて正解でした。

麺や樂笑 雑炊

熊本では珍しく、未だ私は食べたことのない鶏白湯ラーメンも気になります。ご対麺してまた新しい発見ができたらと思います。

他の日の訪問

樂笑(らくしょう)|熊本県熊本市|辛口つけ麺
樂笑(らくしょう)|熊本県熊本市|辛口らーめん

スポンサーリンク

  • 店名
    麺や 樂笑(らくしょう)
  • 住所
    熊本県熊本市中央区九品寺3-14-17
  • 熊本県熊本市中央区九品寺3-14-17
  • 電話番号
    070-5414-7111
  • 営業時間
    11:30~14:30 18:00~21:00
  • 休業日
    水曜日
  • 駐車場
    有(お店の前に軽2台分)

同じタイプのラーメン

スポンサーリンク

同じエリアのラーメン

SNSでも更新をチェック