麺屋軌跡 熊本本店|熊本県熊本市|鯛塩ラーメン

熊本県熊本市中央区にある麺屋軌跡 熊本本店に行ってまいりました。国道3号線と明午橋通りの交差点にあった、おんのじ熊本本店の跡地にできたお店です。

麺場軌跡熊本本店 外観

営業時間は11:00〜2:00まで。麺場軌跡は香川県高松市の人気ラーメン店で、熊本初上陸です。

麺場軌跡熊本本店 営業時間

店内に入ってすぐ左手にある券売機で食券を購入するシステム。券売機はカラーでメニューの写真付きタッチパネルという高級仕様です。

麺場軌跡熊本本店 券売機

メニューは鯛塩ラーメン、海老塩ラーメン、煮干塩ラーメンの三本立て。油そばは鯛塩油そば、海老塩油そば、辛油そばと3種類あります。チャーシューや鳥そぼろ、半熟玉子といったトッピングも追加で可能。麺は極細ストレート麺と平手手もみ麺から選ぶことができます。サイドメニューは餃子や鳥そぼろ丼、チャーシュー丼、特製炒飯など。ゆずアイス、黒ごまアイスなどのデザートもあります。今回は鯛塩ラーメン(750円)としらす丼(300円)を注文。麺は極細ストレート麺を選択しました。

麺場軌跡熊本本店 メニュー

店内は厨房を囲むようL字型にカウンター席が並びます。

麺場軌跡熊本本店 カウンター席1

窓際にもカウンター席が設置してありました。

麺場軌跡熊本本店 カウンター席2

卓上にはフライドオニオン、岩塩、コショウ、お酢、醤油などの調味料が用意してあります。

麺場軌跡熊本本店 調味料

また軌跡流おいしい餃子の食べ方や岩塩について紹介してありました。岩塩はヒマラヤ岩塩を使用されていて、ブラック岩塩とピンク岩塩があるそうです。

麺場軌跡熊本本店 餃子の食べ方

こちらが麺屋軌跡の鯛塩ラーメン。器の縁にはゆず胡椒とかぼすが付いてます。

麺場軌跡熊本本店 鯛塩ラーメン1

トッピングはチャーシューにメンマ、かいわれ大根。

麺場軌跡熊本本店 鯛塩ラーメン2

黄金色に輝くスープはさっぱりとした口当たり。これが鯛の旨みなのでしょうか、濃厚でちょっと独特な風味がグワッと口の中いっぱいに広がってきます。塩気もよくきいていて、後にはほんのりとした甘みも味わえる。あっさり系なのにコクすら感じられるスープでした。

麺場軌跡熊本本店 スープ

ある程度いただいたところで、器に付いているゆず胡椒を投入。刺激的な辛さが楽しめ、全体的な味も引き立ちます。刺激がほしい方には嬉しいトッピングでしょう。

麺場軌跡熊本本店 ゆず胡椒

麺は細めのストレート。茹で上がりは硬めでしょうか。芯が強い感じの麺で、少々の時間がたってもそれを保っている。細いながらも存在感のある麺でした。

麺場軌跡熊本本店 リフトアップ

チャーシューはしっかりと味が染み渡ってます。素材の風味も残してありますがクセはない。柔らかく仕上げてありました。

麺場軌跡熊本本店 チャーシュー

しらす丼はそのまま食べてくださいとのこと。

麺場軌跡熊本本店 しらす丼

そのままいただいてみると、いい具合にしらすに塩気があります。醤油などの調味料をかけなくても十分でした。また個人的にはしらす丼とスープの相性がバッチリ。スープをかけて雑炊風にしてもいいかと思いました。

麺場軌跡熊本本店 しらすリフトアップ

麺屋軌跡熊本本店は外観や店内もオシャレな雰囲気。女性お一人でも気軽に入れそうなお店だと思います。海老塩ラーメンや煮干塩ラーメンなど他の看板メニューも食べてみたいですね。

スポンサーリンク

  • 店名
    麺屋軌跡 熊本本店
  • 住所
    熊本県熊本市中央区南坪井町4-16
  • 熊本県熊本市中央区南坪井町4-16
  • 電話番号
    096-288-2353
  • 営業時間
    11:00~2:00
  • 休業日
    無休
  • 駐車場

同じタイプのラーメン

スポンサーリンク

同じエリアのラーメン

SNSでも更新をチェック