とりそば太田|岡山県岡山市|塩とりそば

スポンサーリンク

岡山県岡山市北区のとりそば太田に行ってまいりました。路面電車が入っている通り沿いにあるお店です。

とりそば太田 外観

店内はカウンター席のみ。厨房を囲むように14、5席ほどでしょうか。

とりそば太田 カウンター席

メニューは醤油だれと塩だれ、それぞれのとりそばがメイン。各種トッピングに、塩だれのみしそ梅そばがあります。ご飯物もとりむすびやさばずし、鶏飯に焼ごはんなど気になるメニューの数々。今回は塩とりそば(670円)と鶏飯(280円)を注文。

とりそば太田 メニュー

こちらが塩とりそばと鶏飯。どちらも彩りがよく、食欲をそそりますね。

とりそば太田 塩とりそばと鶏飯

塩とりそばのトッピングはかしわと細切りキャベツ、ネギにゴマ。

とりそば太田 塩とりそば

スープは柔らかいながらもパンチのある塩ベース。ゴマの風味がほどよく香ってきて心地よいです。繊細で品も感じられますが、塩ダレがよくきいてました。ダシといいますか旨みがよく出ています。あっさり系になるとは思いますが、味わい深い仕上がりとなってました。次々とススりたくなってしまうスープですね。

とりそば太田 スープ

麺はやや細めのストレート。平打ちというのでしょうか、少し平べったい麺となってます。ツルツルとした食感でコシがあり、まさにツルツルシコシコという表現がぴったり。喉越しも良いです。ときおりトッピングされているキャベツが絡んできましたが、それもまた良かったです。

とりそば太田 リフトアップ

かしわは細切りになっていて、柔らかく仕上がってます。食べやすい一品ですね。醤油のような味付けがしっかりと染み渡ってました。

とりそば太田 かしわ

テーブルにはこしょう、粉さんしょう、一味、ヤンニンと調味料が用意されてます。

とりそば太田 調味料

それぞれオススメの食べ方も説明してあります。ありがたいですね。粉さんしょうと一味を少しずつ投入してみたところ、品位はそのままに少しスープにパンチがでてきました。刺激的な味わいをお求めの方にはいいかもしれないですね。

とりそば太田 調味料説明

鶏飯(けいはん)はかつお節のような風味がきいていて、あっさりめの味付け。食べていると次第に味が感じられるようになってくる、そんな一杯です。

とりそば太田 鶏飯

鶏飯は奄美の郷土料理「鶏飯」をアレンジされた一品とのこと。自慢のスープで炊き込まれてるそうです。

とりそば太田 鶏飯説明

鶏飯の説明にもあるように、麺をススってしまった後、鶏飯にスープをかけてみました。塩ダレと鶏の旨みがつまったスープと、鶏飯の節系の風味が調和されます。お店がオススメされているだけはあり、相性はバッチリですね。個人的にもスープをかけて食べるのはオススメです。

とりそば太田 鶏飯スープかけ

私が伺ったさいには品切れだったようですが、おみやげとりそばもあります。この味が家で楽しめるのは嬉しいですね。醤油だれのとりそばも気になるので、機会があればまたススりに来たいです。

とりそば太田 おみやげとりそば

スポンサーリンク

  • 店名
    元祖岡山とりそば太田
  • 住所
    岡山県岡山市北区表町1-7-24
  • 岡山県岡山市北区表町1-7-24
  • 電話番号
    086-236-0310
  • 営業時間
    11:00~20:00
  • 休業日
    月曜
  • 駐車場
    無(近隣にコインパーキングあり)

同じタイプのラーメン

comming soon

スポンサーリンク

同じエリアのラーメン

Facebookもチェック

  • 岩下 雄一郎
  • 座右の銘:
    ススれば分かる ススらねば分からぬ どんな麺も

  • ホトトギス:
    鳴かぬなら ラーメンやろう ホトトギス

  • 野望:
    ラーメン食べて 飯を食べる