北大塚ラーメン|東京都豊島区|激辛チャーシューメン

東京都豊島区の大塚にある北大塚ラーメンに行ってまいりました。11時半くらいの訪問でしたが、すでに少し行列ができていて、人気の程がうかがえますね。

北大塚ラーメン 外観

北大塚ラーメンの営業時間は11:00~14:30、17:30~23:00となってます。

北大塚ラーメン 営業時間

メニューはラーメン、激辛ラーメン、チャーシュー麺、激辛チャーシュー麺に小ライス。大盛も出来ます。ラーメンやチャーシュー麺の横の”(並・中)”は麺の量を表しているとのこと。激辛の横の”(半)”は辛すぎないようにするかどうかという意味だそうです。

北大塚ラーメン 券売機1

もやし、玉子、長ねぎ、焼のり、メンマがトッピング可能。今回は激辛チャーシュー麺(800円)の食券を購入。麺は「中」、辛さは「半」でお願いしました。

北大塚ラーメン 券売機2

店内は厨房を囲むようにカウンター席のみ。卓上には調味料につまようじがあります。

北大塚ラーメン 調味料

こちらが北大塚ラーメンの激辛チャーシュー麺(中・半)。見た目からしてもインパクトがありますね。

北大塚ラーメン 激辛チャーシューメン

スープは透明感すらある醤油ベース。スープ自体は程よく醤油の風味が感じられて、思っていたよりもスッキリとした印象。今回は激辛チャーシュー麺のため、食べているうちにスープ全体にラー油(?)が混ざってきます。私は辛さを半にしたので、個人的には程よい刺激の辛さでした。また、そぼろ付近のスープはそぼろの塩コショウの風味も加味され、パンチのある味わいとなります。色々な表情を見せてくれるスープですね。

北大塚ラーメン スープ

麺はやや太めのちぢれ。茹で上がりは普通くらいでしょうか。太さはありながらもスープによく馴染んでます。食感もよく、麺も充分に食べごたえがありました。

北大塚ラーメン リフトアップ

チャーシューは厚みがありながらも柔らかな仕上がり。脂身はトロけて甘みも楽しめます。醤油のような風味も感じられますが、基本的には素材を活かした味付けではないでしょうか。クセもほとんどないと思います。これだけの量をクセを出さずに仕上げてらっしゃるあたりに、丁寧さを感じられますね。

北大塚ラーメン チャーシュー

そぼろはふっくらとした食感。塩コショウがきいていて、パンチのある濃厚な味付け。ラーメンに対していいアクセントになってるように思います。

北大塚ラーメン そぼろ

ランチタイムは小ライスが無料サービス。これは嬉しすぎますね。お忙しいところ恐縮でしたが、小ライスをお願いしてしまいました。そしてチャーシューをご飯にトッピング。スープをかけてチャーシュー丼にしてみました。このチャーシューとご飯が合わないわけがないですね。一気にかき込んでしまいました。

北大塚ラーメン チャーシューご飯

店内は大入り満員ですがお客さんは紳士で、静かな時間が流れる空間。そして、お店の方は大忙しにもかかわらず、気持ちのよい対応でした。

普通のラーメンを食べてから激辛というのが本来の流れだそうです。ただ、私の場合は次にいつ来れるか分からないというもあって、いきなり激辛からススってしまいました。ちょっと順番は逆ですが、次回は激辛ではないチャーシュー麺をいただきたいと思ってます。

スポンサーリンク

  • 店名
    北大塚ラーメン
  • 住所
    東京都豊島区北大塚1-14-1
  • 東京都豊島区北大塚1-14-1
  • 電話番号
    03-6328-9647
  • 営業時間
    11:00~14:30 17:30~23:00
  • 休業日
    日曜日
  • 駐車場

同じタイプのラーメン

スポンサーリンク

同じエリアのラーメン

comming soon

SNSでも更新をチェック