175°DENO|北海道札幌市|担々麺汁有り

北海道札幌市中央区にある175°DENO 本店にラーメンマンの麺々と行ってまいりました。

175°DENO お店からの案内

メニューは担々麺汁無しと汁有り。それぞれ痺れない、痺れる、すごく痺れるからチョイスできます。麺大盛、辛さ増し、痺れ増しも可能。自家製の玄米入りユメピカリはノーマルサイズと小サイズがあります。食べ物に混じってTシャツを販売されてるのも面白いですね。今回は担々麺汁有りのすごく痺れる(900円)の食券を購入。

175°DENO 券売機

お店に入ってすぐにはカウンター席があり、テーブル席は左手奥にあります。今回はテーブル席に通していただきました。壁には四川花椒の効能が貼ってあります。精神が安定したり血圧が下がったりと、素晴らしいですね。

175°DENO 四川花椒の効果

担担麺のシメには担担ごはんもいいようです。175°DENOではヘアゴムや紙エプロンも用意されてるとのこと。ありがたいですね。

175°DENO 担々ご飯案内

卓上にはラー油が用意してあります。

175°DENO 調味料

担担麺汁無しが先に届き、さっそくリフトアップされる関西のラーメンマン。

175°DENO 記念写真1

関西のラーメンマンが注文された担々麺汁無し。そぼろや水菜、ナッツなどがトッピングされています。

175°DENO 担々麺汁なし

続いて担々麺汁有りも到着し、リフトアップをされる台湾よりお越しのラーメン女子。ほほえみをありがとう。

175°DENO 記念写真2

こちらが私が注文した担々麺汁有りのすごく痺れる。見た目からもインパクトがあります。トッピングはひき肉にエビ、ナッツ、水菜。

175°DENO 担々麺汁あり

すごく痺れるというだけあって、とてもインパクトのあるスープ。もちろん辛さもあるのですが、シビれ具合がとてつもない。スープ自体はコクがあってまろやかさもあります。ピリピリとした刺激的な感覚はなかなか体験することができないでしょう。175°DENOならではの味わいを楽しめました。

175°DENO スープ

麺は中太のストレート。茹で上がりは普通くらいでしょう。刺激的なスープの味わいをしっかりと運んできてくれます。麺をススると、辛さが引き立つように感じました。

175°DENO リフトアップ

せっかくなので私も写真を撮っていただきました。

175°DENO 記念写真3

この日はたまたま人数分の席が空いてラッキーでした。皆で食べる担々麺もまた格別ですね。お陰様で楽しい夕食となりました。

他の日の訪問

175°DENO本店|担々麺汁なし|北海道札幌市

スポンサーリンク

  • 店名
    175°DENO〜担担麺〜 本店
  • 住所
    北海道札幌市中央区南1条西6-20 KYビル 1F
  • 北海道札幌市中央区南1条西6-20 KYビル 1F
  • 電話番号
    011-777-1177
  • 営業時間
    [平日]11:30〜15:00 17:30〜21:00 [土・祝]11:30〜16:00
  • 休業日
    日曜日
  • 駐車場
    無(近隣にコインパーキングあり)

同じタイプのラーメン

スポンサーリンク

同じエリアのラーメン

SNSでも更新をチェック